弦楽器奏法におけるシフティングへの導入

全文

(1)

弦楽器奏法におけるシフティングへの導入

著者 松中 久儀

雑誌名 金沢大学教育学部紀要 教育科学編 = Bulletin of

the Faculty of Education, Kanazawa University.

Educational science

巻 31

ページ 17‑29

発行年 1982‑02‑28

URL http://hdl.handle.net/2297/23271

(2)

17

弦楽器奏法におけるシフティングヘの導入

松中久儀

イヴァン・ガラミアンの著者「ヴァイオリン 奏法と指導の原理」とカール・フレッシュの

「ヴァイオリン奏法の技法」はヴァイオリン奏 法に関する理論書の中でも代表的位置にあり、

邦訳もされ,日本の奏者,指導者に多くの糧を 与えている。その理論は単にヴァイオリン奏法 に留らず,広く弦楽器共通の原理を唱えている

とも考えられる。今回は,この2つの理論書を

主な参考文献としながら,弦楽器奏法の一テク

ニックであるシフティング(ポジション移動)

について,導入の方法をヴァイオリン奏法を軸 に比較考察し,各楽器奏法の共通の原理や個々

の楽器特有の奏法をも探りながら、初歩者を対

象に具体的には第1ポジションから第3ポジ ションへのシフティングを中心に,指導の-方

法を考察した。この場合の初歩者とは,各楽器の

フルサイズから入門した者で,従ってそれにふ さわしい身体的条件と思考力,又,音楽的には 基礎的な読譜力と音感を持っている者を前提と した。それぞれの項目(I~Ⅵ)における内容 はいずれも、ヴァイオリン奏法の場合から論じ,

他の楽器との比較は適宣,織り交ぜるようにし,

新たな項目として取り上げることは省略した。

尚,実際の楽曲においてのシフティングは,楽 曲の解釈等のいわゆる音楽芸術を論ぜずには考 察不可能であることは当然だが,しかし,これ はあくまでも初歩者対象であるから,項目 Iの2の「表現手段のためのシフティング」や

Ⅵの「シフティングの初歩的応用」の中て,必 要とされる説明,すなわち前述の楽曲解釈の範

囲に入ると考えられる事がらはできるだけ基礎 的段階に留めた。今後,冒頭に掲げたガラミア ンとフレッシュの両著書から引用することが多

くなるので、便宜上,前者をG,後者をFとする。

又,楽器名では,ヴァイオリンをVl,ヴィオラ

をVla,チェロをVc,コントラバスをCbとそれ

ぞれの略字で記した。

Iシフティングの目的

G,FそれぞれVlのシフティングの目的には 技術的なものと表現手段としてのものとに区別

され(注')使用目的により奏法は異なるとして いる。Ⅳの1でも後述するが,特に初歩者にとっ

て前もって目的を理解しておくことは大切なこ

とである。いずれの目的も弦楽器共通のもので

あるといえるが,低音楽器ほど後者の目的に利

用する場合,量的にも技術的にもハンディ キャップが存在していると考えられる。いわゆ る一般的に低音楽器がVlのようなレベルの ヴィルトーゾ的演奏が困難であるといわれてき

たのは,このシフティングにおける難易度も一

因していると考えられる。

(注1)楽曲のパッセージによっては,それがいずれ

の目的か判別困難な場合又は両方の目的を同時にもっ ている場合もあると考えられる。

1技術的手段のためのシフティング l)物理的必然性(楽譜例Nol)

楽譜例のように第1ポジションでは作りだす ことが不可能である音域が必要な場合などであ る。それぞれの楽器については、1番弦の開放

昭和56年9月16日受理

(3)

第31号昭和57年 金沢大学教育学部紀要(教育科学編)

18

(楽譜例Nol) ボーイング上のテクニックと相互関係を取りな がら選択しなければならないことになるが,こ の選択も奏者の技術の大切な一つになることは いうまでもない。又,楽譜例のCbの場合のよう にシフティングをすると,楽譜(a)の下方のシフ ティングのようになり(注2)逆に左手の労力が 右手よりはるかに多くなることもありうるの で,楽譜(a)上方で示したように開放弦と移弦の 組合せを利用することにより,左手右手のテク

ニックを平均させることも必然的であろう。ち なみにCbが他の楽器の楽譜例のようにシフ ティング効果がふられるのは,楽譜例(b)のよう なパッセージが該当するのであろう。

(注2)この場合のシフティングはGのいう完全シフ ト,ハーフシフト両方の場合を含む。(このことはIIrシ フティングの種類」で後述する。)

2表現手段のためのシフティング この手段のためのシフティングは作曲家のね らっているイメージや奏者の解釈,技術によっ

て,採用のあり方が微妙に異ると考えられる。

そこで今回は個々のペッセージにおける内容の 判別,整理は省略し,基本的技法の内容だけを

取り上げてみた。

’)低いポジションと高いポジションの音 色変化を表現手段として利用

2)各弦の音色の特徴を効果的に利用する

(低弦でのシフティングによる感`情表現

等)

3)ポルタメント又はグリッサンドを利用 する(注3)

(注3)Gではグリッサンドとポルタメントの区別につ いては明確に境界を示していないようだが,Fでは「シ

フティングのために指が滑ることを私たちは,グリッサ ンドないしはポルタメントと呼んでいる。-中略一同じ 指の運動によって,高められた感情を表現するように意 図されているものと,他の方法では困難ではあるので必 然的に位置の変更がなされる強制されたものとある。最 初の滑り方は表現力怯により遅くも速くもできるが,第 2の滑り方はできるだけ目立たず行われる方が良い。_

中略一前者をグリッサンドと呼び,後者をポルタメント と呼ぶことを提議する。」と両者の違いを説明している。

差三二菫二

谷&

台ニーニー;=:竺畠一署一出二二菫

から第1ポジションが作りだせる音域を各楽譜 の下方の運指NCで示し,上方の運指NCで第3 ポジションヘシフティングした場合の作りだせ る音域を示した。これにより限定されたポジ

ションでは,V1,Vlaに比べ,Vc,Cbの表現で

きる音域は狭くなるし,逆にいえばVLVlaの ように表現音域を広げるには,Vc,Cbはシフ ティングの必要回数を増やさねばならないこと が理解できる。

2)正確にペッセージを演奏するための 効率的方法(楽譜例NO2)

楽譜は移弦を伴った厄介なパッセージをシフ ティングにより解決し,尚かつ基礎的な運指で もってすればそれで正確に発音できる場合の一 例である。シフティングはパッセージの形やテ ンポ等により,いずれのポジションを取るか,

(楽譜例NO2)

;==糞翠塞匪霞篝=二二

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■|■■ロ■■■

■■■

l1401o40・I

==ニーーーーーーニ=====

4ラフト ーフ己フト 1,.1

ロ■ ̄ ̄=■■■■■■■■■■■ ̄■■■■■■-

-■■■ロ■■■|■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■U■■■I■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ̄■■■■■■

■ロ■■■■

(4)

松中久儀:弦楽器奏法におけるシフティングヘの導入 19

の心理的,身体的不安をできるだけ解消するため 細心の注意が払われなければならないだろう。

(注4)運指が移弦するに従って,左肘が内側,外側 へ移動する運動,これは当然経験ずゑであるがそれはあ くまで運指に対して受動的な運動であり,シフテイング の時のように腕に運動の主導権が与えられている訳で ない。

そこでシフティングの導入で最初に採用される ポジションの条件は他のポジションに比べて前

述の心理的,身体的不安材料が少<,効果材料 が多いことであろう。この点第3ポジションが 一番条件が整っているのである。次にこれら第

3ポジションの効果材料を説明する。

1第3ポジションをシフティングの導入

で最初に採用する場合の効果

l)左腕の運動量

シフティング技術は耳が音程を監督する作業

と肘を曲げる角度・親指と第1指の内側がネッ

クを通過する距離が相互的に関係してはじめて

正確さが現われる。このうち,肘の角度と通過 距離については,それが初歩の段階であればあ

る程,目安的なとらえ方がなされることは必然

的であろう。この点,第三ポジションの位置は

ネックのだいたい中央あたりの測定しやすい

距離にある、と考えられる。(図')これに対し第 1ポジションから第2ポジションまでの距離は 測定するにはあまりにも短かく,目安となる点 が見つけにくく,運動の量を実感をもって体験 できにくい。又,第4ポジションは手の手首に

(図1)

11シフティングの種類

Gはシフティングの種類について説明してい る。「シフトには主に完全シフトとハーフ・シフ 上とでもいうべき二種がある。完全シフトとは,

手と親指の両方が新しいポジションに動くこと をいう。ハーフ・シフトでは,親指がヴァイオ リンのネックのところで接触の場所は変わらな い。親指は固定して動かさず,曲げたり,のば したりして他のポジションに移れるようにす る。」として両者を明確に区別している。これか ら先扱うシフティングはすべて完全シフトを意

味する。初歩者にこれを採用する理由は,曲例

においてシフティングの中心は完全シフトであ り,進度が初歩の段階であればある程,ハーフ シフトの利用度が少いこと又,ハーフシフトは これまでに習得してきたポジションでの基本的

な左手のフレームが一時的に崩れる可能性があ り,導入時期の練習としては適当でないと判断

したからである。

Ⅲシフティングの導入で最初に採用すべき ポジション

Fでは「初歩者に対する現在の教授法は,第一 位置の後に第二位置と第三位置のどちらを先

に採用すべきかについて意見が一致していな い。この問題を極度に重大視しないで私は第三

位置の方をとりたい。第三位の方が第二位より 比較的やさしいからである。」と述べてい

る。Gではこの問題に言及していない。初歩者は

これまで(第1ポジションの経験過程)ボーイ ングのテクニックの基礎を身につけることか

ら,初歩者なりに,右腕全体の運動量,運動範 囲を経験してきたところだが,一方それに比べ 左は,親指,手首と残りの4指が形成するフレー

ム作りという部分的な運動に終始していた(注 4)。つまりシフティングにおいて始めて左腕全

体が新しい運動を開始することになる。この出

発は,初歩者にとって経験者に想像もつかない

くらいの一大出来事であろう。このことを充分 考慮に入れて指導するとなれば,それは初歩者

[二三]

近い部分がネックのつけ根に確実に接触する,

といった目安はあるもののそれが逆に左手が楽 器の本体から受ける心理的圧迫感となることも あって必ずしも適当でない。

(5)

第31号昭和57年 金沢大学教育学部紀要(教育科学編)

20

(注6)Gは左腕のフォームについて「腕と指の短い 人は肘をかなり右側に入れるべきだが……」と述べてい る。

2)左腕の緊張度

V1はもとより,Vla,Vc,Cbいずれも入門時 の左腕が最初に成すべきことは第1ポジション の世界を知ることであろう。それは4本の弦の 配列の構造(完全5度……VLV1a,Vc,完全4 度Cb)とフィンガリングによって発する音程を

どのように組合わせれば,メロディなりスケー ルができるのかを読譜を伴って経験することに あり,この目的を最も効果的に示してくれるの が第1ポジションであることは当然のことであ るが,一方このポジションをセットするために 必要な左腕のフォーム(注5)を作っていく過程 において軽視してはならない問題にぶつかるの である。それは第1ポジションから第4ポジ ションの4つのポジションの中で箪1ポジショ

(注5)ポジションはこの第1ポジションのフォーム を軸にして比較考察されながら形成されていくことに なり,後々まで奏者のテクニックを左右していくことに なろう。

ンの腕,手首,手,指が作り出すフレームが最 も緊張度が高くなる危険性が多く,その次は第 2ポジションであると考えられる。その原因に は二つのことがあげられよう。その一つは左腕を 遠くへ伸ばさなければ設定できないという現実 にある。手の短かい者にとってはそのハンディ キャップが尚著しい。(注6)又,この緊張度は

4番弦のGisを弓の先で設定した場合(写真1)を 見れば一層明確に理解できるし,これはサイズ の-回わり大きいVlaあるいはVc,(写真2)Cb(写 真3)にいたってはより重大なことが納得でき る。これに対して第3ポジションは肘の角度か らしても自然で,従って親指と4指が作り出す 手のフレーム作りも容易である。初歩者に必要 以上の力を入れないことを指導するにあたって も適当なポジションだと確信している。もう一 つは実音を発するに必要とされる第1指~第4 指の圧力とそれを受ける親指の逆圧の関係であ

る。駒,上駒いずれもこれに近い位置にあるポ ジション程,物理的に圧力が多く必要とされる 訳で,初歩者にとって低いポジションでの音作

(写真1)

(写真2)

(写真3)

りはこの点においても難題であろう。又,音程

の関係から低いポジションほど指の間隔を広げ

(6)

松中久儀:弦楽器奏法におけるシフティングヘの導入 21

なければならない訳だが,このことは圧力を加

えようとする動きに対してマイナスの要因を与 えてしまうのだからなお始末が悪い。VcやCbに

至ってはこの時点で挫折感を覚える者が少なく

ない。第3ポジションはこれらの圧力の量を調 節するテクニックの面からしても容易なポジ

ションといえる。このように第3ポジションは

身体的ストレスの少ないポジションであると考

えられる。このことは初歩者にとって有難いこ とであろう。(注7)

(注7)第1ポジションの世界を経験させる時期に あって,そのテキストの進度にとらわれず,一方で弦楽 器のトーンそのものに的をしぼって発音させることも 指導技術上必要とあらば,それは開放弦のトーンと第3 ポジションのトーンが選ばれるべきだと考えられる。

3)音程及び音色

第1ポジションの手のフレーム作りにおいて

最初は第1指,第2指,第3指の間隔がいち早

くつかめるように指板上に目印を予め施してお くことがあるが,(注8)これはあくまでおおよそ の間隔を習慣ずけることに目的があり,あくま でも正確なフレームは耳の音程判断力と平行し

(注8)指導者の考え方により第2指の目印を省略し

たり,又はA線上で示すならCisとCの2ケ所設けたり

する場合もあろう。この考え方は第1指と第2指が全音 で,第2指と第3指が半音である基本フレームがあまり 必要以上に固定化すると第1指と第2指が半音,第2指

と第3指が全音というフレームは前者より-歩進んだ 難しいテクニックなのだという印象を与えてしまう危

険性があり,彼の進度を計画的に組糸立てる際にマイナ ス要因になると判断することにあろう。V1a,Vcについ

ても同じ考えがあてはまるがCbの場合は,原則的には第 1指,第2指,第4指の間隔はいずれも半音に統一され

たフレームなのでこの問題は生じない。

て行なわなければならないことは当然である。

そこでこの音程感覚は弦楽器ならではのとらえ

方があると考えられる。すなわち発音された実 音に対し同音又はオクターブの関係にある開放

弦が共鳴した場合,その音(注9)は一段と広がり

を持ち,弦楽器の魅力ある音色ができる訳だが,

先ずこの音色を初歩者に発見させることが弦楽

器のイントネーションの基礎的なテクニック として必要であろう。いずれのポジションヘシ フティングする場合にも、最も重要な働きをし

なければならない指は,といえば先ず第1指が あげられるだろう。第3ポジションにおける基 本フレームの第1指は(注9)で説明の第1ポ

ジションの3指の位置にある訳だから上記の弦 の音色を探し求めるに最も効果的なポジション

であるといわねばなるまい。弦楽器奏者が音程

をキャッチする時によく使う言葉帆ツポ"がはっ

きりしているポジションであり,H1の冒頭で引 用のFの論「第3位の方が第2位より比較的や さしい」は当然このことも含んでいると考えら

れる。

(注9)第3指及び第4指の実音が開放弦を鴨させる ことになるが,第4指は初歩者にとって拡張や圧力を加 える技術が難しいので,第3指の役割は必然的に重くな

る。

4)第1ポジションのフレーム(4本の 指の間隔)と第3ポジションの比較

2)でも触れたが,各ポジションはそれぞれ 少しずつ4本の指の間隔を変えなければ正しい 音程が成立しない訳で,ポジションが上向する 場合はその間隔を適当に縮めなければならな い。初歩者にこのポジションと音程の相互関係 を理論としてだけでなく,実証として経験させ るには第1ポジションから第2ポジションへの シフティングでは実感として理解しにくく効果 が薄い。この点、第1ポジションから第3ポジ

ションへのシフティングは初歩者にとっても充

分比較しやすいのである。

2留意事項

第1ポジションのフレーム作りは基礎的であ るから,それなりの充分な期間取り組まなけれ ばならないが,第3ポジションの取り組糸の方 が必要以上に重大なポジションとして生徒に受 けとめられてしまうと,この生徒にとって今後 の進度に障害となる現象が生じることがある。

例えば,Fから引用した〔楽譜例No3〕のように,

第3ポジションに対する心理的安心感だけで安

(7)

第31号昭和57年 金沢大学教育学部紀要(教育科学編)

22

易にポジションが選択されてしまう危険性があ るからである。指導者は,第2ポジションの経 験の時期あるいは第4ポジション以上のポジ

ションの経験11項序の組立て方を綿密に計算し,

あらゆるポジションが九九の計算で一の段か ら九の段まで平均して教わるのと同じように効 果的に選択・消化されるよう導いてやらなけれ ばならない。その過程において第3ポジション が不本意にもブレーキになるような存在になっ てはならない。尚,物理的にシフティングを頻 繁に利用せざるを得ない低音楽器においてはな おさらのことである。しかし第3ポジション以 外の具体的な指導法のあり方はシフティングの 導入を考察したこの論文が論ずる範囲をはみだ すことになる恐れがあるのでここでこの項目を 閉じる。

スである。このことはシフティングのテクニッ クをつけていく過程で困難な場面に遭遇した時 の大きな励ましとなろう。

2楽器の調整

シフティングはいつの場合でもできるだけ滑 らかに滑らさなければならないが,その時に楽 器そのものの良し悪しや調整の不備が障害と なってはならない。手がスライドする時,ネッ クの摩擦の量が適当であるか,又,上駒の高 さ,駒の高さが正しい高さになっているかどう か。これは高すぎるとスライドの時に弦の張り が強すぎて指を損傷する恐れがあるからであ る。又,低すぎると音色が極端に悪くなる。弦 の材質によっては音が悪くなるばかりか,やは り指を損傷する恐れがあるので,ガットにする かスチールにするか,また張り替えの時期をい つにするか検討しなければならない。とかくス ライドする時には身体的不快感を伴いがちであ るがしかし,できるだけこれが軽減されるよう 条件整備がなされていることが望ましい。低音 楽器はスライドする距離が長いので必然的に摩 擦が多くなる。楽器買入の際からすでにこの点 も問題がないか調べて求めるべきである。この 項は楽器の管理に関する内容を多く含んでいる が,これと関連させながら指導すべきだと思う。

3楽器を固定する技術

この技術は弦楽器を学ぶ者はいずれも先ず入 門時に習い始め、その進度にかかわらず適時確 認されなければならないが,特にシフティング に入る前はその技術が好ましいレベルに達して いるかどうか再確認の必要がある。うっかり 生徒のフォームの外見だけで判断し安心してい ると失敗することがある。すなわち開放で発音 している時,又,調弦でアジャスターや糸巻き を操作している時の状態では完全に楽器を固定 できているはずなのに,実際の演奏になったら あごと肩で持つべき労力の何%かを左親指や,

第1指の内側に委ねてしまっていることがあり

(注'o)生徒の内的状態を調べることがいかに難 しいか認識させられる。もしこのように,楽器

Ⅳシフティング導入にあたっての条件整備

(楽譜例No3)

藷=1菫三三三菫二黒言三三

生徒はこれまでに第1ポジションでの基礎を 勉強してきた訳だが,それではいかなる段階で シフティングの練習を開始すればよいのか,そ のタイミングをとらえることは指導者の課題で あろう。そこで,その時期を判断する材料とし て次の五つの条件を取りあげ,それらがどのよ うに整備されているべきか論ずることにする。

1興味・意欲

指導者は生徒に,Iで掲げたシフティングの 目的を充分説明し,該当する曲例を範奏やレコ ードにより聞かせ,弦楽器ならではの魅力を説 き,意欲をひきたたせるべきである。第1ポジ ションだけでの表現ではもはや自分のエネルギ ーを燃やしきれないと感じ,次のステップ を求めている状態の時は真にシフティングヘの 興味・意欲をかきたてるに願ってもないチャン

(8)

松中久儀:弦楽器奏法におけるシフテイングヘの導入 23

を固定する技術が不完全であると,シフティン グ時に楽器を持つ作業とスライドさせる作業の 両方を同時に左手がこなさなければならないこ とになる。この結果不自然に楽器が動いて不本 意なアクセントがついてしまう。そしてもしそ

4フレームとイントネーション

Ⅲの1の3)音程,音色の項で第3ポジショ ンの音程は第2ポジションより比較的容易にと りやすいことを結論ずけたが,それはあくまで 第1ポジションのフレームの完成度によって大 きく左右されることを,もう一度ここで確認し ておかねばなるまい。第1ポジションの手のフ レームは第1ポジションにだけ利用されるもの でなく,少くとも第5ポジションまではフレー ムの原型を保っていなければならないからであ る。そして,音程の調整については同音やオク ターブによる共鳴を伴ったピッチ(H1の1の3)

参照)や,平均律によるピッチ(注'1)の発音技術 の程度を調べておく必要がある。第1ポジショ ンである程度この技術が身についていないと,

シフティングの際に音程を探索するのに多くの 時間を費やす結果になる。この点において初歩 者にいたずらに不安感を与えないよう留意した

い。

(注11)Gは音程について次のように述べている。「音 程の調整を論ずる最後に,それぞれの場合「平均率」音 程をとるか,「純正調」音程をとる力、の考慮が必要であ る。-中略一ヴァイオリニストは誰も数学的公式に従っ 演奏するわけにはいかない。自分の耳の判断に従うばか りである。これはともかく,どちらの音程調整のシステ ムも,それ一つだけでは不十分である。

演奏者はその音程を,合奏する楽器にマッチするよ う,たえず調節しなければならない。」

5ボーイングのテクニックのレベル ポジションが高くなればなる程,弦の長さが 縮められるから,それに従って弓は駒の近くへ 移動しなければならない。又,左指に押えられ

た弦と両隣りにある二本の弦の角度がますます

フラットになるから発音を求める弦以外の音も 入り込んでくる危険性が高くなる。すなわち高 いポジションでは弓が弦に接触している点と駒 の距離をコントロールする技術と,弓の角度を 駒のカーブに対して適宜コントロールする技術 が一層,質的にも量的にも多く求められる。又,

左指がⅥツポMをキャッチしても弓の圧力が強

(注10)Gはネックに親指と第1指の内側が接触する状 態を次のように説明している。「低いポジションでは-

中略一接触は永続的あるいは連続的性格のものである 必要はなく,手の動きに応じて時により接触すれば十分 である。接触が柔らかいほどタッチの感覚が鋭くなるの で,接触は非常に軽やかでなければならない。-中略一 どのような時でも左手で堅くつかむことことは,技術的 上達の大きな障害である。」

の音の稿正がボーイングに求められ,それが習 慣になってしまったら最悪の状態で,この生徒 がこの状態で放置されると将来進度に大きな支 障をきたすだろう。Vcは楽器の重力のほとんど が床にあるので,この点において他の楽器より 有利である。しかし第1指~第4指の圧力に対 する親指の逆圧の加減は,VLV1aに比べて難しい

ので,いきおい力が入りすぎてしまう。これはネッ クに対して平行にスライドさせるというシフ ティングの基本技術を習得していく過程におい てマイナスの要因となる。よってVcの場合は親

指の逆圧をコントロールする技術がどのような レベルにあるかが,シフティングの導入時期選 択の-基準となろう。CbはVcと同じように重 力のほとんどは床にあるのだが一方,Vcのよ

うに身体の中央に楽器本体をセットすることが

できないので重心は不安になりがちである。こ

のため楽器が倒れないように保つための接点の

配置が問題になる。方法は流派によって微妙な

違いを見せているようだ。しかし,いずれの奏

法も左手の親指がその接点の一つを提供してい

ると考えられるが,それが必要としている労力

は最少限に計算されるべきだという方向で研究

されてきている。よってCbの場合は接点の労力

がバランスよくコントロールされているかどう

か分析しておく必要があろう。

(9)

第31号昭和57年 金沢大学教育学部紀要(教育科学編)

24

放弦の音を織り交ぜながらスケールを作り出す ことができるが,それ以外のポジションでは親 指もフィンガリングの中に加えるなどのテク ニックを使わない限り,一つのポジション内 でVLVlaのようなスケールを作り出すことは 無理である。このため,限定されたポジション での練習曲の内容は音階構成音を自由に使用で

きないという作曲法上の制約があり,メロディ の整った曲例は少ない。メロディの内容よりフ レーム作りに重きをおいた練習は音楽に対する 積極性を養ってはくれないし,意欲も起きない。

この点は重要視しなければならない。よって生 徒に興味を持続させる上において,シフティン グとフィンガリンの読糸替えの作業は常に平行 して扱うのが適当かもしれない。

2左腕だけでの無音練習

第1ポジションから第5ポジション位までの 距離を開放弦を弾く状態で自由にスライドさせ る方法である。この練習のねらいは第3ポジ ションの位置をキャッチすることでなく,肘か ら腕の緊張をほぐすことにある。しかし,次の ことには留意しなければならない。即ち,ネッ クに対して手が平行にスライドすること,ネッ クと手(親指と第1指の内側)の接点における 摩擦の量をコントロールすることである。特に 後者の方の状態によっては,滑らかに滑らな かったり手首,手のフレームが崩れそうになっ たり又,いずれの接点も離れてしまうと移動の 距離感が把握しにくく,効果があがらない。尚,

この練習は無音練習なので耳の働きを必要とし ない。よって練習に対する興味・意欲は湧いて こないと考えられるのでこの練習の量的な配分 は決して多くならないよう注意する必要があ る。

3ピチカートによるシフティング(楽譜側 No4)

l)第1指はスライドしなし、

この練習は実際に第1ポジションから第3ポ ジションまでの距離を測定することに目的があ る。第1指が発する音程により肘の角度を矯正 すぎると正しいピッチにならないので,弓の圧

力のコントロールもかなりマスターしておかね ばならない。このようにボーイングのテクニッ

クは第1ポジションの時期にすでにシフティン グに入る時の準備も計画に入れながら,例えば,

低弦と高弦の弓の位置と駒との距離の比較,重 音を平均して発音するに必要な弓の平行感覚を 利用すること,音の強弱の練習などである程度,

基本的なしのはマスターされ,シフティングの 導入段階ではできるだけ左腕に全神経を集中で

きるよう配慮されているべきと判断する。

V第1ポジションから第3ポジションへの シフテイング導入練習

l第3ポジションの世界を知る

シフティングの練習は大きく分け,二つの作 業がある。一つは腕をスライドさせる作業,も う一つはフィンガリングの読み替え(注12)である。

どちらの作業から先に試ふるかといえば,私は 後者を取りたい。第3ポジションという未知へ の道を探すより,すでにそこがいろいろ探索し,

歓びもそれなりに経験した世界であったとした らその道のりは迷うことが少ないと思われるか らである。先ず,第3ポジションだけでまとめ られた曲例やスケールを練習しなければならな いが,曲例については第1ポジションで既習の もので,第3ポジション用に移調された曲から 入った方が,フィンガリングの読み替えがス ムーズになろう。スケールはできるだけ多くの 種類を扱った方が安定したフレームが育成され る。期間的には簡単な曲の初見視奏が可能にな るまで続けるのが望ましい。課程の終了前には シフティングの腕のスライドの練習と平行して 行われる期間があって然るべきだろう。それは 二つの作業の連絡が密になるからである。Vc,

Cbはハーフポジションや第1ポジションでは開

(注12)Fはこのことについて次のように述べている。

「初歩者にとって位置をマスターすることが難しい主な 点は,特に各位置の個々の音を一つには種々の指で捉 え,一つには違った弦の上で押えるという事実にある。」

(10)

松中久儀:弦楽器奏法におけるシフティングヘの導入 25

を伴った練習に入るための準備にある。2や3 のl)の練習を経て第1指は徐々に弦に触れな がらズライドし、その圧力の増減をコントロー ルしていかなければならない段階になってき た。心理的にも身体的にもストレスが生じる時 でもある。摩擦により第1指の先が損傷し痛ゑ を覚えることがあれば,それは余りにも急激に スライドの回数を重ねたことが原因(注15)であ り,このような無神経な練習計画は非難される べきである。第1指のスライド時の圧力の目安 としてはシフティングの開始前,又完了した時 点の状態により圧力を感じ第1指の下にある弦 が指板にわずかに接触している程度でよい。特 に第3ポジションから第1ポジションへ下向す る時にあごと肩で固定されているはずの楽器が 一瞬,左手,特に第1指の圧力によって取り外 されそうな不安を覚え,思わず力んでしまう。

(このことに関しては(注17)で後述する)そのた め楽器が不本意に動いたり,正しい距離測定が できなかったりしてしまう。楽器固定のテク ニックをもう一度確認する一方スライド時の第 1指の圧力がこのように左腕の伸縮運動に対し てブレーキとならないようにコントロールされ なければならない。又,スライド時にピチカー トの残響音をポルタメントとして持続させる必 要もない。指に損傷が起きないよう,練習を中 断したり一時的に他の練習,課題を組永入れた りして,このシフティング練習が期間的に集中 しすぎないよう配慮したい。フォームで,常に 監督していなければならないのは手のフレーム で,特にこの練習では手首と第1指の形が崩れ がちである。又逆に,その危険を避けるために,

左腕全体に無駄な力が加わりすぎることもあ る。フォームの外形と内的要素のバランスが調 和するまで導いていくのが指導者の責務であろ う。Vc,Cbの場合に触れてみよう。2の無音練 習やこのピチカートによる方法はそれぞれVc,

Cbにも効果的な練習となろうが,特に3の2)

の第1指のスライドの練習において第1指の受

(注15)体質的なことも大きく影響すると考えられる。

していくことになる。方法は先ず,A線第1ポジ

ションの第1指Hを発音してから第3ポジショ ンの第1指Dを発音する間の移動時は第1指は 弦から離れていても良いことにする。音程の矯 正作業であるが,初歩者は最初のうちは音程の ずれの大小にかかわらずその矯正のすべてを第 1指に求めることが多い。これは大切なフレー ムを崩すことになるし叉,完全シフトの目的が 無意味になってしまう。(注'3)そこでこの練習内 容では,第1指が単独で音程の調整に加わるこ とを禁止し,始めからシフティングをやり直す べきで,これを繰り返しながらポジション間の 正確な距離を左腕に覚えさせるべきである。

尚,第1指単独での音程の調整は微調整に限ら れ,しかもそれはヴィブラートの技術も一役借 りなければならないが(注14),その場合の練習は 生徒の進度がもっと高い水準に達した時になさ

れることになろう。

(楽譜例No4)

(注13)Fはシフティングと音程に関し次のように説明 している。「四指はいわば親指並に上にある腕が立てた 計画を実施するにすぎない。

位置変更の不成功を四指のせいにすることがしばし ばあるがこれは不当なことである。なぜなら不十分な腕

の醤、曲,ないしは極端な腕の脅曲,親指の不正な位置,

上へ伸ばした手首,下へ戻し曲げた手首がその原因だか らである。」

(圧14)Fは音程とヴィブラートに関して説明する

「ヴァイオリニストは,むろん音を正確には捉え得ない。

しかし彼等は何分の一秒というほんのわずかの間に指 の場所の移動,ないしは純粋な音に近づくヴイブラート によって音を矯正するのである。」

2)第1指はスライドする

第1指は実際に弦上をスライドしながら距離

測定に一役買う。この練習の目的はボーイング

(11)

第31号昭和57年 金沢大学教育学部紀要(教育科学編)

26

ける身体的苦痛はVl,Vlaの比ではない。そこ で一気に第1指を弦上に置かないで弦と弦の間

定する(楽譜例No5)

この練習の目的は耳の音程感を頼りに距離を 測定することにある。方法は,故意にポルタメ

ントを発し音程が目標の高度に達した時点で運 動を停止するやり方である。ポルタメントその もののテクニックに目的はない。ここで,左右の 運動の方向に関して問題を提起しておきたい。

楽譜例No5で採用したボーイング(a)による右 手の運動方向を(図2),又,ボーイング(b)による 右手の運動方向と左手の運動方向を(図3)でそ れぞれ示し比較してふよう。4のl)ては両腕 の運動方向は互いに自由であったが,この練習 では初めて新しいルールによって連係プレーを しなければならなくなった。そのルールは次の ように4種類の形に分類(注16)される。即ち,両 腕が同時に中心に向かって運動する形(図2の

(楽譜例No5)

の指板上に設定しスライドさせる方法を提案す る。この練習は最もリラックスした状態で作業 が出来るので,指導者からの細かな注文も理解 しやすいし消化しやすくなりフォーム作りには

絶好の練習である。シフティングの|椀の運動内 容で,VLVlaと明らかに違う点は高いポジショ ンへ進むに従って左腕の重力(重心)が床の方向 に近づくという現実である。即ちVLVIaは左 肘の角度の調節にシフティングのポイントがあ るとすれば,Vc,Cbは左腕を上げ下げする作業 だといっても差し支えないだろう。そこでこの 運動内容の特徴から指導内容は次のようになろ う。肩,肘,手首,親指,第1指いずれもシフ ティング開始から終了まで単独行動`は許され ず,これらは常に連動していなければならない ことを理解させたうえで,手首が極端に出っ 張ったり,凹んだりしないか,親指の動きが第 1指より遅れたり叉,早まったりしていかいか,

また,肘と体側の間隔が余裕を持って設定され ているか,又肩の緊張がほぐれているかという

ことを監督することである。しかし残念なこと にこの方法はVの2と同じように無音練習の弱 点があるので,練習の量的配分は充分考慮しな ければならない。尚’)2)いずれの練習も楽 譜例に適当なリズムを施して行われることが望

ましい。

4ボーイングを伴ってのシフティング l)開放弦を発音しながらシフティングす

この練習の目的は両腕の運動を初めて連動ざ せ緊張をほぐすことにある。方法は全弓でA線 かD線をJ=60位の2分音符で連続演奏する。

その間,左は開放の状態でテンポや移動の距離 に関係なく自由にスライドさせるやり方であ る。留意点は左右の腕の流れが留まることなく 滑らかに運動するよう回数を重ねることであ

る。

2)ポルタメントを利用して距離を側

(図2)

Ⅷ鼻1學

==は腕の運動方向を示す(1)は楽譜例No5(a)の1小節目の1拍

鐵鶚刊÷

目から2拍目の両腕の方向を示し(2)は2小節目の1拍目から2拍目 の方向を示す。

(図3)

[罰中心國

鰈'二三一

(3)

Ⅷ←鶚B÷

 ̄詞土腕の運動方向を示す(3)は楽譜例No5(b)のl小節目の1拍 目から2拍目の両腕の方向を示し(4)は2小節目の1拍目から2拍目 の方向を示す。

(12)

松中久儀:弦楽器奏法におけるシフティングヘの導入 27

(1)),中心から離れる形(図2の(2))そして両腕 が全く逆の方向に運動する形(図3の(3),(4))

である。初歩者にとっては,それぞれ難易度が 異なるであろう。私は導入段階では明らかに図

2のシフティングの方が両腕の方向性から易し

いと判断している。それは,ピアノの初歩者が両 手のフィンガリングの入門において(楽譜例NC

6)の(1)と(2)では(1)の方が易しいと感じているの とよく似ているのである。従ってこの練習での

第1段階は(楽譜例No5)の(a)のボーイング

例から採用するのが順序として正しい,尚(楽 譜例No5)の3,4拍目は音程を矯正したり,

次の運動のために体勢を整えたりするためのも のである。但し音程の矯正は3の1)で留意し たように第1指のゑで行わす,その近辺で必ず シフティングを伴って,行うよう厳しく監督し なければならない。又,第1指の先が損傷しな いよう配慮することも3の2)と同じように大

切である。

(注16)いかなるボーイングによるシフテイングにお いても,両方の腕の方向は基本的にこの四種類に限定さ れる。

る。スライドのスピードは決して面一的なもの

が存在しているのでなく奏者はシフティングの

目的,。シフティングの距離,ボーイングのスピ ード,速いペセージかゆっくりしたパセージか

などにより適当なシフティングスピードを選択 せねばならない訳だ。しかし初歩者はこの選 択技術を充分身につけていないため,自らの得 意とする単一のスピードをペセージの種類

を問わず,習慣的に使用してしまっていること

が多いのである。ゆっくりしたパセージに対

してスライドのスピードが速すぎ,不自然なア

クセントが生じたり,速いパセージに緩慢なス

ピードのスライドが組合わされ不本意なポルタ メントあるいは発音に遅れを生じたりしてしま う。これらは原因の多くを左腕のテクニックに

追求した場合であるが,勿論,左手だけに責任 を負わせる訳にいかない。ボーイングも同じよ うにシフティング時のスピード,圧力等におい

て画一的なものが存在するのではなくパセージ

の種類により選択しなければならない。特に技 術的なシフティング(Iの1参照)においては,

できるだけポルタメントを生じないことが理想 であるから,例えばスラーの中でシフトする場 合は,そのスライド時に若干,弓のスピードと 圧力を減じたり,弓がnVで交替する間にスラ イドが行われる場合は,シフティングがほぼ終 了するまでボーイングの切り替えを待って調節 したりすることの技術を身につけなければなら ない。もちろんこれらの技術は短期間に身につ く種類のしのではないし,最終的には奏者の天 性の感覚に言及せざるを得ない面もあろう。し

かしいずれにしても第1段階における有効な基 礎練習の裏付けなしには獲得出来ないことも又 事実である。今回取り上げたこの練習方怯は第 1段階における基礎づくりの手段としてはかな り効果的だと信じている。方法は楽譜例のうで 弓は静止し,その間に左腕はシフティングを開 始し,完了した時点で再び弓が活動するやり方 で,両腕の運動に時間差を設けることになる。

楽譜例はJ=60位でのテンポを意味するが,

(楽譜例No6)

nj1ユヨキ,』2に〕13¥」■

Gニニーーーーー■-- ̄ ̄ ̄==========ニーニーーー

イニニーー薑========薑====罰

3)シフティングを行っている間、弓は静止

する練習(楽譜例No7)

(楽譜例No7)

F■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ̄--■■■ --

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この練習の目的はシフティングとボーイング のタイミングを調節することにある。ここでス ライド運動のスピートに関して若干ふれてみ

(13)

第31号昭和57年 金沢大学教育学部紀要(教育科学編)

28

10)左右の腕の運動のタイミングがコントロ

ールされているか

11)スライド時の第1指と親指の圧力が適当で あるか

12)スライド時の弓の圧力が適当であるか 13)第3ポジションから第1ポジションへ下降

する時に特に不自然な流れが生じていない

か(注17)

(注17)Vの3の2)においても触れたが,高いポジ ションから低いポジションへ移る時によく起る心理的 不安を解消するためのテクニックは流派によって大き く違うと考えられる。楽器を個定する技術と左手の接触 点の圧力コントロールを平行して行うことで解決する 方法(今1771はこの方法を取り上げてきていた。)ともう一 つFのいう親指と四指の運動に時間差を設ける方法であ ると考えられる。そこで後者のFの説明を施しておこう。

「第三位置から第一位置に位置変更を行い,親指が他の 指と同時に第一位置へ下りるならば,両者とも水平運動 を行うため垂直運動(圧力)は不可能になり,逆圧は全 部肩に移される。しかし肩は行動している指の反対側に ある訳けではないからその作用は零に等しい-中略一 従って私たちは,指がまだ第三位置に留っている間に,

親指を前以て第一位置へ送るというように運動を分け ざるを得ない-中略一四指が親指のすぐ後に続いて滑 行を行っている間,既に第一位置に達した親指は,たや すく,必要な逆圧を提供する。」

の前後は一時的にテンポルバートされることは 差し支えない。それは初;歩者の'練習なるが故 に必然的であるともいえる。あくまでも左腕が 落着いて運動ができるよう,右腕はその間その 動作を停止し,徐々にイン・テンポに近ずけな がら音の流れからつの存在を消滅させていくの

が順序であろう。その場合,vのv又、ワ、のウ

が丁度弓の中央で接続されるよう監督すること も大切なことで,これがルーズにされるとまた スライド時に弓の使用分量が増加して発音が不 正確になりやすい。特にVc,Cbの場合は楽器の 全長に対して弓の長さが短いので使用分量を節 約しなければならない。

4)ボーイングとシフティングの基本的 な組み合わせによる練習(楽譜例No8)

両方の腕の運動方向の組孜合わせは基本的に この楽譜例の形に集約されると考えられる。

(楽譜例No8)

 ̄--= ̄ ̄ ̄-- ̄ ̄

■■■= ̄■■■■■■■■■■■■■■■ ̄-1- ̄■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■Ⅱ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

5これまでの練習におけるテクニックの 熟達度整理

これまでの練習はそれぞれ個有のねらいが あったが,4の4)の練習が終了した段階で一 応,留意点が守られているかどうか整理確認し,

次の応用の段階に入りたい。

留意点の整理・確認

1)左手,手首,肘のフレームが崩れていない

2)スライド時,ボーイングのロスがないか 3)ポルタメントが不本意に出ていないか 4)イン・テンポに演奏されているか 5)不本意なアクセントがついていないか 6)楽器が不自然に動いていないか

7)左腕の運動のスピードが適当であるか

8)弓が等分されているか 9)音程の矯正がなされているか

Ⅵシフティングの初歩的応用

実際の曲例やスケールでのシフティングに入

る前にまだいくつかの練習が残されているが今 回は省略した。それは第2ポジションの練習と

左手の第2指,第3指,第4指がシフティング の連結に加わる時の練習を示す訳だが,前者は 冒頭で説明の通りであり,後者のテクニックは 左手の4本の指の互いの受け渡しといった部分 的作業に終止し,両腕のシフティングの運動の 基本を再度ひもとく必要性が少ないと考えたか

らである。(注'8)

(注18)このテクニックを軽視しているのでなく,こ のテクニックは冒頭でも説明した通り常に曲の解釈と

(14)

松中久儀:弦楽器奏法におけるシフテイソグヘの導入

29

平行して行われるべき分野だと判断しているからであ

る。

1第1ポジションで既習の練習曲

移調してもよい既習曲の調のままでもよい が,第1ポジションと第3ポジションの連絡が 効果的に扱われている曲例を探したり,編曲し

たりすることによりシフティングとポジション

の読み替えの実際を行なう。

2オリジナルな曲

F・ザイツの「生徒のための協奏曲」にふら

れるように,シフティングの進度段階にあわせ て作曲されたものが有効である。第2ポジショ

ンの応用が組み入れられていることはいたしか たない。

3おのおのの調のスケール

第1,第3ポジションのシフテイング中心の スケールから選択すべきであろう。

引用文献

イヴアン・ガラミアン(アカンサス弦楽研究会訳):ヴ ァイオリン奏法と指導の原理12p~27p;音楽 之友社;昭和49年12月.

カール・フレッシュ(佐々木康一訳):ヴァイオリン演 奏の技法;上巻,18p~31p;音楽之友社;昭和

39年12月.

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP