青海省同仁県のポン教寺院

全文

(1)

青海省同仁県のポン教寺院

著者 森 雅秀

雑誌名 チベット文化域におけるポン教文化の研究

ページ 21‑46

発行年 1999‑03‑01

URL http://hdl.handle.net/2297/16818

(2)

青海省同仁県のボン教寺院

森雅秀.

. ̄~~~~ ̄~-----~~~--~---~~ ̄~ ̄~ ̄~ ̄~~-------~~~ ̄~--~~~------~ ̄~~i

ll.はじめに5.ポンギャ寺供震堂の尊像 12.調査の概要e、キュンポ寺の尊像

1s・寺院の概要7.おわりに 14.ポンギャ寺本堂の尊像

●- ̄---------------------------------------------------------------------------------- ̄---------- ̄-- ̄ ̄--- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1.はじめに

未解明な部分の多いボン教研究の中で、図像に関する研究は比較的蓄積がある。チベット|ム 教の図像集の中に、ボン教の神ノマの姿を描いたタンカや彫刻が含まれていることもあるし(た とえばLaufl979;田中1998)、ボン教一般についての記述の中に、ボン教の神ノマやパンテオ ンの説明を行っているものもある(たとえばKamnayl975、カルメイ1987)。ボン教の開祖ト ンパ・シェンラプ(シェンラプ・ミポ)の生涯を描いたタンカ・セットに関する詳細な研究(Kweme l986)や、特定の神に関する個別の研究も発表されてきている(Kwemel988,1990,1997)。

また近年にはKvaemeによる『チベットのボン教』(TheBonRengionofTYbet)という包括的

な研究も現れた(1995)。

しかし、ボン教の神ノマの体系、すなわちパンテオンの全体の構造や、それを構成する神々相 互の関係、あるいは彼らがどのような姿で表現されるかなどについては、ほとんど明らかにな

っていない。

ボン教の寺院をおとずれると、その内部におびただしい数の神ノマの姿を見ることができる。

それらは本尊を中lujlとした彫像であったり、壁面を飾るタンカや壁画であったり、あるいは天 井に描かれたマンダラであったりする。また神ノマの姿のみならず、ボン教の高僧や伝説上の人 物たちも、これらの図像作品の題材となっている。

これらのイコンから見て、ボン教徒たちが仏教徒に匹敵する壮大なパンテオンを有している ことは明らかである。そして個ノマの神ノマや人物の姿を見てみると、その図l象上の特徴に仏教の 影響が色濃く現れていることも認められる。また神の名称にも仏教の尊格との共通性を指摘す

ることができる。

吐薑時代の古いボン教は特定の神格を有しながらも、それらをイコンとしては表現していな かったといわれる(スタン1933:279-295;山□1988:149-169)。現在のボン教徒たちが有し ている図|象の体系の一部は、おそらく仏教のそれを参考にして生み出されたものであろう。し かし、その中にはボン教独自の要素や、ボン教が古くから有しているシンボリズムの体系も含

まれているはずである。

チベットの仏教美術は宗教美術として独自の形式を持っている。インド密教から受け継いだ

・高野山大学

21

(3)

マンダラ(キンコル)はその代表的なものであろう。あるいは、巨大な樹木を描き、その中IDI に釈迦や各宗派の開祖を置き、その周囲に数多くの尊格や人物を配した集会樹(ツォクシン)

も、そのような例としてあげることができる。十六羅漢や三十五I麟悔仏、八+四成就者などの グループを描いた作品も、それぞれ固有の形式を持つ。ボン教の美術の中にも、これらに共通 する形式のものを見いだすことができる。描かれた主題のみならず、その形式においてもボン

教の美術と仏教美術の比較研究が必要であろう。

ボン教の美術作品を内部に飾るボン教の寺院や僧院についての研究も立ち遅れている。宗教 的建造物の内部空間におけるイコンの配置は、その宗教の教理と密接に結びつき、特定の意味 やシンボリズムを反映することが多い。寺院構造においてもボン教と仏教は近似性を有してい るが、そのような意味についても、両者の間で共通性が見いだされるかは検討の必要がある。

そのためにはボン教寺院の多くの事例の中から、プランの類型を抽出し、意味の解明を進めな

ければならない。

多の宗教美術と同様、ボン教の美術も単に鑑賞や装飾を目的とした芸術作品ではない。それ らが礼拝や供養の対象である尊像であるのはもちろんであるがくボン教独自の宗教実践や儀礼 において、はじめてその意味を明らかにすることもある。儀礼や儀式などの宗教行為と、イコ ンのような視覚イメージは、切り離して扱うことはほとんど不可能であるからである。ボン教 の儀礼に関しても、これでほとんど何も明らかにされていない。膨大な儀軌類が現存し(たと

えばKarmayl977:155-163)、実際の寺院や僧院内でさまざまな儀式が行われている。その中

には灌頂(ワンクル)や護摩(ジンセー)、完成式(ラプネー)などのように、チベット仏教 においてもよく知られた儀式が含まれる。しかし、その一方で仏教には見られない独自の儀式 名も数多く伝えられる。集団的な|義式や|義礼ばかりではなく、個人的な実践である瞑想や観法 などのような文脈でも、視覚イメージの機能を解明することも重要な課題であろう。

ボン教の美術や実践に関しては、すでにあげた研究の他にも、Kwemeによる-連の研究(1982,

1985etc.)や、Nebesky-WOjkowitzによる先駆的な研究(1947,1975)をあげることができる。

この中でもKv8eme(1985)は葬送儀礼と神|象についてかなり詳細な報告を行っている。また

NebeSky-Wijkowitz(1975)はボン教そのものの研究雪ではないが、チベットの民俗誌として重

要なもので、ボン教のパンテオンについての記述も豊富である。ただし、護法神を中心とした 研究でありながら、そのイメージを伝える図版がほとんど含まれていないことが惜しまれる。

このほかにDenwoodによる「+二儀軌」(chogabcugnyis)についての短い論者(1983)や、

Karmayのゾクチェン研究(1988)などもあげることができる。しかし、ボン教のパンテオオ

ンの全体像と|義礼の体系を知るまでには至っていないことは、これまでに述べてきたとおりで

ある。

このような研究状況をふまえ、ボン教の芸術的側面についてまずはじめに行うべきことは、

可能な限り資料を集めて、その全体像を把握することであろう。そのためには(1)現存する ボン教寺院を対象とする調査研究、(2)歴史的遺品についての調査研究、(S)ボン教の文 献に含まれる情報の収集などが必要である。

このうち(1)の現存するボン教寺院の調査研究として、筆者は中国の青海省において現地 調査を実施した。このとき収集した'情報をもとに、現在(2)と(S)についても研究を進め

ZZ

(4)

ている。本稿ではその中間報告として、実際に調査を行った寺院内部のボン教美術について、

主題の同定、配置プラン、具体的な図像上の特徴などを報告する。まずはじめに、次節では調

査の概要から簡単に述べよう。

2.調査の概要

現地調査は1988年S月に約S週間にわたって、青海省同仁県において行った。この時期の 現地は、主要作物である麦の収穫期に当たり、晴天の多い過ごしやすい気候である。気温は曰

中は摂氏20度前後で、湿度も低くI快適である。

同仁県は青海省の東部に位置し、チベット文化圏の中でもほぼ東端に相当する。青海省の省 都である西寧市の真南にあり、同仁県の県都である同仁市(チベット名はレプゴン)までは、

直線で約120キロ.メートルの距離がある。ただし両市の間には標高3000メートル前後の山ノマが連なるた め、車を利用しても移動には34時間を要する。同仁市の周辺でも2500メートル程度の標 高がある。同仁市の近くには黄河の源流も流れ、これに沿って幹線道路が開けている。

ボン教の寺院はチベット自治区をはじめ、四)||省と青海省に相当数存在していることが報告 されているが、その中でも同仁県のボン教寺院は開放地区にあり、現地までのアクセスも比較 的容易である。今回の調査ではとくに同仁県のボン教寺院の中で最も規模の大きいポンギャ寺

(Bonlgyadgonpa)について重点的に調査を行った。あわせて同仁市周辺のいくつかのボン教

寺院についても予備的な調査を実施した。ポンギャ寺は同仁市の中ll1j1から南におよそ10キロ.

メートル離れた山中にあり、百人以上のボン教の|曽侶を擁する大|曽院である。僧院長は活仏(リ ンポチェ)で、他の(曽侶や信徒から絶大な崇敬を受けている。この(曽院長を中1Mこ宗教活動も

盛んで、従来のボン教の伝統をよく維持し、継承している。

今回は同時院において①(曽院の概要、②(蕾院内の図|象作品、⑧僧院で行われる儀礼というS つの項目について調査を行った。とくに②の僧院内の図像作品の調査では、主要な作品の写真 撮影と尊名の同定を進めるとともに、寺院全体のプランとの関係や全体的な意味の解明などに つとめた。また⑧の|曽院内の儀礼については、調査期間中に行われた儀式について、写真およ びビデオ撮影を行い、儀礼の内容や方法に関する聞き取り調査を行った。また儀式で使用した

文献(儀軌)も入手し、現在、内容の分析を進めている。

本稿では①の(曽院の概要についての主要なデータと、②の(雷院内の図像作品の内容と配置に ついて紹介する。⑧の儀礼に関する調査結果は、実際に収録した映像資料と儀軌文献の内容の

分析をふまえ、別の機会に報告する予定である。

a寺院の概要

ポンギャ寺は正式にはメンリ・シェートプ・ミンドルリン(sManribshadsgrubsmingmlgling)

という名称を持つ。ボン教は大きく古派(myinma)と新派(gsarma)の2派に分かれるが、

当寺はこのうちの古派に属する。寺院名のはじめの「メンリ」というのは、14世紀のボン教の 高僧ニャムメ・シェーラプ・ゲルツェンmNyammedShesrabrgyalmtshan(1356-1415)が開いた

23

(5)

「メンリ寺」に由来し、その系統に属することを示す。ニャムメは仏教にならって戒律を制定 し、ボン教の僧団を組織化し、現在のボン教の基礎をきずいた人物である。ニャムメの尊像は

寺院内でも数多く見られる。

寺院は山の斜面にたてられ、勤行や法要など行う本堂(,dukhmg,集会堂)、神ノマの像をま つる供震堂(mchodkhang)、さらにIiiDi接室(Ingronkhang)・高位の僧の居室(gzinkhang)・厨房

(gsolthabs)がひと続きとなった建物など複数の建造物からなる。この中でもとくに規模の大 きな本堂は二層からなり、二階部分はツェンカン(btsamkhang,土薑神堂)と呼ばれている。

一般の|曽侶が居住しているのは、これらの中'ILjl的な建造物の周囲に点在する|曽坊で、その数は

数十にものぼる。、

調査時において(曽院にはおよそ110人の(蕾|呂が所属していた。僧院長(dgonbdag)ゲレク・

フントゥプ・ギャンツォdGelegshngrubrgynsho僧正は先述のとおり活仏である。他の役 (曽としては、僧院内の教育面を担当するmkhanpo、生活全般や経理を担当するkhriba、風紀 と規律を司るzhalngo、儀式において進行役を務めるbyung,dren(あるいはdbumdzad)、zhaUngo の補佐にあたるdgeg,yogなどがあげられた。僧院長の活|ムは当寺63歳というかなりの高齢で あったが、それ以外の役僧はすべて30歳代という若年層で占められていた。これはいわゆる 文化大革命時代に、寺院の活動が|亭止されていたことにも起因するのであろう。このほか、調 査時には四)||省のボン教寺院から、高位のボン教徒が長期滞在していた。彼らの話によれば、

四川省と青海省のボン教寺院の間では、人的交流が盛んに行われているらしい。

寺院の歴史は明らかではないが、現地で入手した『甘青蔵伝仏教寺院』(蒲1990)という 文献には、同名の寺院が簡単に紹介されており、|反りに同一の寺院であったとすれば、創建は 明代の万歴年間(1573-1647)となっている。ただし、現在の建造物はほとんどがこの10年間

の間に増改築されたもので、それ以前の建物は残されていない。

ポンギャ寺の年間の主要な儀礼として、以下の4つがあげられた(曰付はいずれもチベット

暦)。

1.dbalgsassgrubchen(9月15曰~22曰)

zklongrgyassgrubchcn(1月S曰~e曰)

ayid8mkunユduskyiSgrubchen(4月)

4.mnyammedgosSkuchenmo(5月)

とくにはじめにあげたウェルセーの儀式には、チャムと呼ばれる|反面舞踊も行われ、近在の信 者が多数集まるという。また最後にあげたニャムメの法要の時には、ニャムメを描いた巨大な

市製のタンカが広げられる。

毎月行われる儀式としては、次のS種がある。いずれもチベット暦である。

10曰:tshedbangbodyulma l5B:klongrgyas

SBと25B:smanlha,kmrig,byalnsma,kundbyings,mamユjoms,dgispyod

三つ目の儀式はメンラ以下のe種の神のいずれかを対象とする法要である。e種の神からど れを選ぶのか、あるいはどのようなlll頁序で行うかについてはとくに定めがないという。これら のe神は「十二儀軌」と呼ばれる|義礼に結びついた12の神のグループに含まれている。

24

(6)

僧院の経済的基盤は、回ICの村々からの布施が中llLjlである。いわゆる檀家の存在する範囲は きわめて広く、隣県にもまたが10、その数は同仁県内で2000戸以上、沢庫県に600~700,貴 南県に200~300、貴徳県におよそ100戸を数えるという。これらの檀信徒の葬儀や法要を司る ほか、洽病や除災のための宗教活動も行っている。このほかに、中国政府からの国家的援助も なされている。近年、僧院の増改築が可能となったのも、この援助によるところが大きい。

僧侶は周辺の檀信徒の家からの出家者が大半を占める。そのほとんどが農民の出身である.

イ室'ヨ1斗篝i薑i二〔(i三二j三;ろ;5(;平i1割敵それまでは通常の学校教蕾=受け-9竺壹鬘昼iili蕊窒 教理や実践についての修行を重ねる。曰ノマのスケジュールとしては、午前Epに学習の時間がお かれ、経典の読み方とその内容について、教師や先輩僧から学ぶ。午後は勤行にあてられ、|書

|呂全員が本堂において、約2時間行う。途中で1時間程度、問答の時間がおかれる。内容はボ ン教の教理にかかわるものであるが、問答の雰囲気は仏教のそれと何らかわりはない。'また問 答をはさんで行う勤行は、前半がsgyun,do、、後半がSkUror,sbyangと呼ばれる。もちろん、特

別の儀式や法要のある曰は、この限りではない。

4ポンギャ寺本堂の尊像

ポンギャ寺の中l1Ljl的な建造物である本堂には、彫|象~絵画あわせて40点近くの尊像作品が 置かれている。いずれも近年制作された作品と考えられる。これらの配置を概念(的に示すと図

1,図之のようになる。名称はいずれも現地の(曽侶からの聞き取り調査にもとづく。

本堂は二層からなるが、中Iujl部分は吹き抜け構造をとり二層部分はこの周囲をめぐる回廊 となっている。本堂は南に面して入□があり、観音開きの扉がS枚ある。通常は中央の扉のみ が用いられているようである。1階部分には窓はないが、吹き抜けの上部の二層の回廊部分は 壁を作らず、柱の間を半透明のシートのようなもので覆っているため、採光は比較的良好であ

る。

彫像作品

本堂にはいると正面に置かれたら体の等皇大の彫像が強烈なEロ象を与える。高さ1メートル 程度の壇の上に、横一列に並んでいる。おそらく望(象に金泥を塗ったものであろう。頭髪の部

分は青<塗られ、宝冠や装身具には赤や緑の玉がはめ込まれている。

S体のうち、中央に|立置するのはナムケン・ゲルワ・シェンラプrNamlnkhyanrgyalbagshenrab である。結肋l畉坐で坐り、右手を上方に振り上げ、左手は左膝の上に置く。問答をするときの 姿勢によく似ている。表I債は自在つり上げ、□を半開きにし、やや急怒の雲囲気を示している。

豪華な宝冠をいただき理路や臂釧、l宛劃||などで身を飾る。表情を別にすれば、イム|象でいうと ころの「菩薩形」にほぼ匹敵するスタイルである。この尊格についてはKv8emeがナムパル・

ゲルワの名で紹介している(1995:66-69)。尊容はいずれの作品でもほぼ共通している。また Kv8erneによれば、この尊容はボン教の基本経典である『セルミク』Zermigに記載があるとい う。なお、今回調査を行った同仁県にある他のボン教寺院2例でも、本尊はここと同じくナム

ケン・ゲルワ・シエンラプであった。

25

(7)

中尊の右隣には、シェーラプ・マワ・センゲーShesrabsmraba,isenggeが置かれている。ボ ン教の諸尊の中でもとくに人気の高い尊で、「マセン」という略称で親しまれている。右手は 剣を振り上げ、左手は胸の前で施無畏印のような形で、植物の茎を持つ。この植物は体の左に 直立して(申びており、その上には爽函が置かれている。この尊容は明らかに仏教の文殊を意識 したものであろう。チベットの文殊像の典型的な尊容であり、インドのアラパチャプ文殊の流 れを汲むものである。名称についても、それを構成する「智恵」(shesrab)、「語」(sImaba0-

「獅子」(sengge)は、いずれも文殊と密接に結びついた言葉であるq

中尊の左隣で、マセンの対となる位置にはゲルユム・チャムマ・チェンモrGyalyumByamsma

chenmoが置かれている。名称から知られるように女性の尊格であるが、身体的特徴や装身具 は、上記の2尊とほとんど同じである。チャムマとのみ呼ばれることもあり、この名称は|ム教 の主要な菩薩のひとりである弥勒Byamspaに共通するが、尊容には影響関係はうかがわれな い。むしろ、仏教パンテオンにおけるターラーに近い存在であろう。また、シェーラプ・チェ ンマという名称を持つことから、シェーラプ・マセンと密接な関係が予想される。マセンと対 となっていることも、これに関連するのであろう。アトリビュートとして右手に薬壷、左手に 鏡を持つが、この作品では、左手はマセンの左手と同じような植物を持ち、その上に鏡を置い ている。Kvaemeが紹介する作品(1995:pls、10,11)にも、直接鏡を持つものと、植物の上に鏡 を置いた二つのパターンがある。なおチャムマは、後述するクンサンの右脇侍としても登場す

る。

5体の彫像の向かって左端は、先述のニャムメ・シェーラプ・ゲルツェンである。僧衣をつ けて結肋0畉坐で坐り、頭上にはボン教徒の固有の帽子である蓮華帽をかぶる。両手は胸の前に 置かれ、そこから体の左右に植物が(申びる。左側の植物には、マセンと同様に來函が置かれて いる。彼の倉l設したメンリ寺院は、その後長くボン教の中川ロ寺院の(立置を占め、ニヤムメは 彼とほぼ同時代に現れたゲルク派の開祖ツォンカパに匹敵する高僧に|立置づけられる。その雪 害も、|曽衣を別にすればツォンカパのそれに酷似している。また、多くのボン教徒たちがニャ ムメをマセンの化身であると信奉している点も、ツォンカパを文殊の化舅と見る(ム教徒の信仰

と軌を-にしている。

右端の像はユンljビゥン・プンツォクというI曽形の人物である。僧衣をまとっているが、帽子 はかぶらず、頭頂に震を結っている。右手は施無畏印を示し、左手は足の上で來函を持つ。こ の人物についての詳細は不明であるが、「|曽院長」(dgonbdag)という敬称が付いていること から、あるいはこの僧院の開創者のような人物であるかもしれない。五体の中でこの像のみは 蓮台ではなく矩形の台に動物の毛皮のようなものを敷いて坐している。また光背の装飾にも他

の4例とは異なる独自のモチーフが現れる。

本堂1階のタンカ

本堂の正面である北面には、S体の彫像の左右に1輻ずつのタンカが置かれている。このう ち向かって左のタンカは「十六長老図」(gNasbrtanbcudrug)と名付けられている(図1の1)。

画面の中央に黄色い皀色のトンパ・シェンラプ(?)を大きく描き、これを取り囲むように、

左右にS人ずつの長老を置く。いずれも|曽衣を皇につけ、剃髪した|曽形で描かれている。これ

Z6

(8)

らの16人の長老たちは、仏教の十六羅漢に相当するのであろう。中央に釈迦を描き、その周 囲に+六羅漢を配した「+六羅漢図」はチベットにおいて人気の高い題材のひとつであった。

図1には示されていないが、「16人の長老」の姿は、それぞれ1幅ずつの小さなタンカにも描

かれて、本堂の内陣の柱にも掛けられている。

正面向かって左端には「医神であるS人のデシェー」(sManlhabdegshegsblgyad)のタン カがある(図1の2)。S人のデシェーについては詳細は明らかではないが、画面には皀色を 異にするS尊の|ム形の尊格が描かれていることからこれらがそれに相当するのであろう。い ずれも左手には薬草のようなものを入れた鉢を持っている。「医神」(sManlha)のアトリビ ュートであろう。中央に大きく黄色い皇色の尊を置き、残りの了尊はその周囲に小さく描かれ る。皇色は向かって右上から右回りに白、青、黄色、水色、緑、赤、金である。

本堂の左右の壁である東面と西面には、それぞれe輻ずつのタンカが飾られている。図1の 番号にしたがって、主要な尊格の尊容を中'ujIにそれぞれ簡単に記述しよう。

ギチョツェパメ、チャムデンS尊図(dGispyod晒hedpagmedByamsldanbcasgsum)[図

1のS]

中央がギチョ、右脇|寺がツェパメ、左脇侍がチャムデンである。ギチョは仏形で、黄色い舅 色、結肋I跣坐で坐り、右手は触地印、左手は鉢を持つ。ツェパメは無量寿(Amit軽us)のチ ベット名と同一の名称であるが、ここでは菩薩形で表される。右手は胸の前で施無畏印のよう な印を示し、赤い花の茎を持つ。左手には瓶を載せている。甘露瓶であろう。チャムデンも菩 薩形で、皇色は白、輪宝のような持物を、定印をとった両手の上に載せる。左右の脇侍尊の背 景には、二層の楼閣のようなモチーフが現れるが、これは堂内の他のタンカには見られないモ チーフである。-種の浄土図を意図した表現かもしれないが、詳細は不明である。

これらのS尊は図1の9,10,13のタンカに描かれるg尊とともに「+二儀軌」の12尊を 構成している。十二儀軌はボン教の基本経典『シジ』gZibriidの中で説かれる実践体系で、12 の尊格を対象とした儀礼である(Denwoodl983;Kv8Bmel995:36-7)。12の尊格として、Kv8eme

は以下の諸尊をあげる。

LKundbyings,2.dGebsnyen,3.Byamsldan,4.Dus,khor,5.Klmrig,6.rGyalbargyamtsho,

7.rNam,joms,8.sManla,,、rNamdag,l0Byamsma,11.sMonlammtha,yas,12.,Dulchog

これらの12尊と本堂内の4輻のタンカの尊像とは、一部の尊格の名称が一致しない。尊容か ら判断して、おそらく、ギチョは12のトミゥルチョクに、ツェパメは11のモンラム・ターイエ

ーにそれぞれ相当するのであろう。

尊者の御臺体の集会樹(rJesku,itshogszhing)[図1の4]

ニャムメ・シェーラプ・ゲルツェンを中心とした集会樹(tshogszhing)である。集会樹はチ ベットの仏教美術独特の形式の絵画で、七種無上供養と呼ばれる実践にもとづいた図像でもあ る(森1998)。仏教の場合、釈迦や各宗派の開祖を中lILjlとした集会樹が描かれる。この作品 でも、歴史上の人物で、メンリ僧院の開倉l者であるニャムメが中心となっている。中央に大き

27

(9)

<描かれたニャムメは、本堂正面の彫像の尊容にほぼ一致するが、右手に持った植物の上に、

直立した剣を載せている点が異なる。ニャムメの周囲には大勢の人物や尊格が幾重にも取り囲 んでいるが、大きく分けて五つの区画で構成されている。ニャムメにちっとも近い区画には、

祖師や成就者のような姿の人物が置かれる。そのタト側にはボン教の高(曽たちが連なる区画があ る。画面の左右には、それぞれ円形の区画が作られ、中には仏形、もしくは菩薩形の尊格が同 IlLj1円上に並んでいる。ニャムメの下の区画には、急怒形の尊格が50尊近く水平に配されてい る。なおニャムメの集会樹の別の形式の作品が、供薑室の中にも置かれている。

ハ+大成就者(Gmbchenbrgyadcu)[図1のS]

「八+大成就壱」と名付けられたこのタンカは、その名のとおりへ成就者たちの姿を描いた ものである。ただし、実際には画面上には88人の成就者の姿が確認できる。中央には菩薩形 の尊格が大きく猫かれ(尊名は不明)、その背景となっている山河の中に成就者たちを配する。

各成就者は独特の動きや特徴を示し、これをもとにそれぞれの名称の比定が可能である。また 成就者たちにはⅡ|頁番が割り当てられ、そこから画面内での配列も確認できる。これらの成就者 たちの姿は、後でとりあげるキュンポ寺の天井画としても描かれている。各成就者の名称と画

面上の配列については、その箇所であわせて述べる.

ラマ・ツェワン・リクジン(B1amaTもhedbangrig,dzin)[図1のe]

この作品に描かれているツェワン・リクジンは、S世紀の伝説上のボン教徒テンパ・ナムカ

ーDranpamammkha,の直弟子とされる(Laufl979:194)。ツェワン・リクジンは濃茶色の皇

色をし、明妃を抱いて坐っている。坐法は半珈坐か遊戯坐に近い。右手はマニ宝、左手にはカ パーラを持つ。明妃は赤い皇色で、右手にカルトリ、左手にカパーラを持つ。その他に画面に 現れる主要な人物として、主尊の左右にS尊ずつの尊格が描かれる。いずれも両手を大きく広 げ、駆け出そうとするような独特のポーズをとる。皇色、持物、乗り物などはそれぞれ異なる。

また画面の下に横一列に、仏教のダーキニーのような姿の女尊が4篝並ぶ。右手にカルトリ、

左手にはカトヴァーンガを持ち、丁字立ちで舞踊のポーズをとる。皇色のみ異なり、向かって

左から赤、青、白、緑となっている。

ウェルセー(dBalgsas)[図1の了]

ウエルセー(正式にはdBalgsasmg8mpa)はボン教でもつともポピュラーな急怒尊の1尊で

ある(Kv8emel995:77-80)。S面18臂4足をそなえ、展右の姿勢で立つ。皇色は青黒く、S面

の中央の面も同じ色である。頭上にはさらにeつ(?)の獅子の面も重なる。手にはさまざま な武器を持つが、主要な2臂は明妃を抱きながら、プルプ(phurbu)を両手の間にはさみ持つ。

明妃は緑色で1面2臂である。足の下にはやせこけた人物が踏みつけられている。持物や尊容 には違いがあるが、全体的にはイム教の尊格の中のヴァジュラバイラヴァに近いイメージをそな えている。画面にはさらに13尊の急怒形の尊格が撞かれている。ウェルセーの図像はKv8eme によってS点紹介されている(1995:pls27,28,29)。このうちの1点(pl29)とこのタンカ とは登場する尊格に-部共通するものが見られる。ウェルセーのタンカは本堂の東面にももう

28

プレ1.-日‐「

(10)

1輻ある。

タクラ・プティマルボ(l1HglhasPugridm麺po)[図1のS]

この薑はボン教の代表的な護法雪で、タクラ・メバルlTaglhame,Mとも呼ばれる。赤黒い 喜色を持ち、展左で立つ。持物が独特で、右手には輪を先端につけた武器、左手には何本もの 剣を組み合わせた武器をそれぞれ持つ。画面には主尊の左右にやや大きく4尊の急怒尊を置き、

さらにその回りにさまざまな姿の急怒尊を配する。また上方の空中には、雲の上に祖師や高僧 を50人あまり並べている。タクラ・プテイマルボの作例にはKv8emeがS点(1995;p1.37-39)、

Lauf(1977:90)と田中(1998:pllOO)がそれぞれ1点ずつあげる。一部の作例は尊容が異な

る。

チャムマ、ナムジョン、シェルチン(Byamsma,rNamユjoms,Sherphyin)[図1のg]

「+二儀軌」を構成する12零の-部である。中央のチャムマについては彫像のところです でに述べたが、ここでも同様の尊容をとる。タンカでは臺色は黄色く塗られている。右脇侍の ナムジョンは、+二儀軌の尊格の中で唯一急怒形をとり、青黒い臺色で、展左で立つ。右手に

は金剛杵を持ち、左手は期剋印を示す。シェルチンはチャムマと同じ黄色い皇色で、右手は瓶、

左手は鏡と持物も共通である。

ゲルワ・ギャンツォ、クンイメメンラ(rGyalbargyamtsho,Kundbymgs,sManlha)

[図1の10]

中央のゲルワ・ギャンツォ(正式にはクンサン゛ゲルワ・ギャンツォKunbzangEgyalbarEn/a

mtsho)は明らかに仏教の+-面観音を意識した尊容である。直立した姿勢をとり、体の左右 には千本の手を広げる。11面は下から順に、5,S、1,1,1とならぶ。S臂のみを大きく 描き、このうち主要な2臂は胸の前で合掌する。左右の2尊はいずれも菩薩形で、右脇侍のク ンインは皇色は青、右手は施無畏印、左手は定EDをとる。左脇侍のメンラは、身色は青、右手

は触地印を示し、左手は薬草を持つ。(参考図Kvaemel995:p1.16)

クンサン(IQmbzang)[図1の11]

中央のクンサン(正式にはクンサン・ゲルワ・ljミゥーパKunbzanglgyalba,duspa)は、5 面12臂をそなえ、結肋0畉坐で坐る。直前にとりあげたゲルワ・ギャンツォと同様、左右対称 の正面性の強調された尊容である。5面は下からS面、1面、1面の組み合わせで、それぞれ 異なる面色が塗られている。主要な2臂は胸の前に置かれ、右手にはチベット文字で「A」と 書かれた月輪を持ち、左手には「MA」字の書かれた曰輪を持つ。第2臂は下に垂らし、膝の あたりに置かれる。残りのe臂は体の左右にバランスよく広げられ、それぞれ固有の持物を持 つ。主要な2臂を除き、これらのS臂の位置や持物は、ゲルワ・ギャンツォとまったく同じで ある。左右に脇侍に従え、Kv2eme(1995:30)によれば、右脇侍はチヤムマ、左脇侍は「空の 女神」(チベット名不明)である。また画面の下の方には舂夏秋冬の四季を司る4人の女尊が 立像で描かれる。これらのe尊はクンサンの書属神として他の作品にも共通してみられる。な

29

(11)

お「クンサン」という名称は仏教の昔賢菩薩と共通である。ニンマ派の法身晋賢と何らかの関 わりがあるのかもしれない。(参考図Kv8emcl995:plSl4,15)

ウェルセー(dMgsas)[図1の12]

すでにあげた図1の了のウェルセーと同一の尊格である。尊容も-致するが、周囲に描かれ た尊格には-部に異同が見られる。

クンリク、ナムタク、ドウンコル(Kunrig,rNamdag,Dus,khor)[図1の13]

+二儀軌の12薯の残りのS尊である。いずれも菩薩形で、喜色は中央のクンリクが白、右 脇侍のナムダクが青、左脇侍のドゥンコルが緑である。右手を胸の前に置き、左手は定印を示 す特徴もS尊に共通である。持物はクンリクが瞳幡(右)、プムダクが瞳幡(右)と鏡(左)、

1-』ヒゥンコルが両端に卍のEDの付いた鈷(右)と輪宝(左)である。クンリクの左手には何も持 たない。ナムダクの左持物の鏡には「A」と「MA」の2文字が、またドゥンコルの輪には中 llljlには卍がそれぞれ記されている。

シゲル・ウギャ・チャクトン(Sridrgyaldbubrgyaphyagstong)[図1の14]

尊名は「百の頭と千の腕を持つ存在の王」を意味する。その名のとおりの尊容を持ち、さら に10足や火炎の光背を供えたグ□テスクな姿の護法尊である。主要な2臂のうち、右手は剣 を上に振り上げ、左手は血のあふれたカパーラを胸の前に持つ。周囲には耆属と思われる多数 の急怒形の尊格を従えているが、主尊も含め、詳細は不明である。

タクツェン(Bragbtsan)[図1の15]

護法尊のひとりで、赤い馬にまたがり、中国風の甲冑を皇にまとう。右手は蛇の絡まる槍を 高く掲げ、左手には鳥(?)をかかえる。同じ尊格の彫像がタクラ・プティマルボの前にも蘆 かれ(図1のf)、さらに本堂2階の16輻のタンカの中にも含まれている(図2の11)。

タジク国土(rlnggzigszhing)[図1の16]

「タジク国土」と名付けられたこのタンカは、本堂内において唯一、尊格や人物を描いてい ないタンカである。タジクとはボン教徒の伝説のユートピアであるオルモルンリンのことであ る。チベット仏教徒にとってのシャンバラ国に相当する。中央に山を置き、これを幾重にも山

脈や都城が取り囲んでいる。タジクを描いた類例を、SneU印ovcが紹介しているが(1967:pL

XXII)、この作品とは一致しない部分もある。なおオルモルンリンの構造については、サムテ ン・カルメイが簡単な紹介を行っている(1987:365-7)。

本堂2階のタンカ

本堂の南東の隅に扉があり、ここから本堂の二層部分にのぼるための階段が続いている。二 層の部分はツェンカンと呼ばれ、すでに述べたように、幅2メートル程度の回廊が、1階から の吹き抜けの部分を取り囲んでいる。内側の面|こおもに護法薑を描いたタンカが掛けられてい

30

4--■

(12)

る(図2)。さらに図中には示さなかったが、南東と北西の隅にはイノシシとオオカミの剥製 がつり下げられていた。護法尊も含め、内部へのタト的の侵入を防ぐ魔除けの役割を果たすので あろう。さらに、北側の中央、すなわち、本堂の正面に当たる部分(図2の7とSの間)には、

本堂の本尊と同じナンパル・ゲルワを中lujlとしたタンカが掛けられていた。

これを除く16輻のタンカに描かれている護法雪について、尊名、喜色、面数、臂数、乗り 物、主な特徴などを以下に示す。

夛邑面数臂讐

雪学 な特桜

白黒青赤青黒黒黒白黒赤赤青青白白 111s331111113111 222SeSB22222G222

中国風の言物を薑た女性。瓶と鏡を持つ。

剣と袋を持つ。

鎖と壷を持つ.

プルブ、カパーラ、剣、斧、悶腱棒など。

プルプ、カパーラ、剣、斧、悶膿棒など。

プルプ、カパーラ、剣、斧、瞳幡など。

剣、矢、カパーラ、旗、小刀、蓮華?など。

水牛面で明妃を伴う。剣と四角いものを持つ。

中国風の甲冑。瞳幡と宝の器を持つ。

斧と鎖を持つ。

本堂の同一尊と同じ尊容 中国風の甲冑。槍と鎖を持つ。

弓矢、鎖、卍の付いた鈷などを持つ。

斧と袋を持つ。中国風の衣と帽子。

中国風の甲冑。槍と宝の器を持つ。

中国風の衣。槍と宝の器を持つ。

ヤク 9頭の狼?

カラス 獅子?

赤い馬 黒い馬

9頭の犬?

水牛と魚?

獅子 犬(狼?)

赤い馬 赤い馬 白い馬 赤いヤク 白い馬 白い馬 Byangsman

slngrirong

YumSr2S Midrid Dre,udm3rmo

Dre,unagmo gCenma gShinlje rMalgyal

dMUbdud

Bragbtsan dMagdpon gNamlha

Damcan Sheskhrabcan

Nyibangsad

S・ポンギャ寺供寶堂の尊像

供蜑堂はポンギャ寺の建造物の中では2番目に高い位置にある。東西に長い建物で、奥の半 分は祭壇である。手前の部分には赤いカーペットが敷かれ、名称のとおり、供霞や礼拝を行う ための場となっている。

祭壇上の主要な彫像とタンカを示したものが図Sである。図中のa~iは彫像、1~16はタ ンカを示す。これに連続する東面と西面を図4に示した。このうち図4-1と図4-2は祭壇の 両翼に相当する。また図4-sは東面の南半分で、図4-2に続いている。これに向かい合う西 面には、タンカ等は飾られていない。

祭壇の中IUAをなすのは、図Sでaで示した金属製のチョルテンである。中央に大きな1基を

おき、これの左右にS墓ずつ、合計7基のチョルテンが並ぶ。「7つの御皇体」(skugdung)

と0平ばれていた。中央のチョルテンにはニャムメの絵が中lQjl部に飾られている。

31

(13)

このチヨルテンの上方で、正面の壁の中央には、クンサン・ゲルワ・ドゥーパのタンカが置 かれている。図に示したように、堂内のタンカの中で最も大きく、中央のチョルテンと並んで、

供養堂の中llLj1軸を形成している。すでに本堂内のタンカで紹介した作品に比べると、描かれて いる尊格や人物は少ないが、主尊とe女尊を含め、主要な部分は、前の作品とほとんど同一で

ある。

クンサンの左右にはS福のタンカが掛けられている。これらはさらに東面と西面の同じ高さ のタンカe福(図4の1~e)と組み合わされて、ひとつのセットを形成する。主題はトンパ・

シェンラプの生涯で、中央にトンパ・シェンラプを大きく描き、そのまわりにその生涯の主要 な出来事をちりばめている。全体は「トンパ・シェンラプの12の御業」(sTonpagshenrabgimdzad

pabcugnyis)と名づけられているが、タンカは14点からなる。トンパ・シェンラプの生涯を

描いたタンカ・セットは、フランスのギメ博物館に不完全ながら1セットあり、KV8emeによ る詳細な研究(1986)がある。また、各シーンを単独で描いた文献もインドから出版された(Mkhas grubrgyamtshol977)。これらはいずれも供養堂の作品と-致しないが、タンカの典拠とされ

る『シジ』との照合を含め、比較研究が必要である。

図Sの10から14はほぼ同じ大きさのタンカである。全体で-具のものではなく、それぞれ 単独の作品と考えられる。10はニャムメ、11はトンパ・シェンラプである。12については「ト

ンパ」というだけで、詳細は不明である。トンパ・シェンラプと同じ尊容であるが、皇色は赤 で、定EDに鉢を載せている点が異なる。13はクンサン・ゲルワドウーパ、14はシヤルザワ・

タシ・ゲルツェン(1858-1935)という高僧をそれぞれ中ll1jlとしたタンカである。後者は19世 紀にカム地方で起こった無宗派運動(rismed)の中lUjI人物として有名である(Kv8emcl971:278;

カルメイ1988386)。

15と16は左右で対になるように置かれている。向かって左は本堂の主尊でもあったナンパ ル・ゲルワ、石はシェーラプ・マセンである。これらのタンカの前には小さな壇が置かれ、ニ

ャムメとシェーラプ・マセンの小像がいくつか並べられている。

東西の壁面に目を移そう。西面の4点と東面の左端の2点は、中央と同じトンパ・シエンラ プの生涯を描いたタンカ・セットの一部である。東面の残りのタンカのうち、了については不 明、Sはニャムメを中IDとした集会樹である。本堂の同じ主題のタンカに比べ、描かれている

尊格や人物の数はかなり少なく、形式も異なる。

東面の南寄りの壁には、12枚の絵が飾られている。これらは「+二儀軌」の尊格をそれぞれ 中1M二置いたタンカである。配列は図4-sのようになっている。残念ながらこれらの絵は印 刷物で、また-部は様式が異なることから、オリジナルも全体が-臭のものとして制作された のではない。興味深いことに、これらの(乍品に対しては、すでにあげたKv8emeの示す12尊と

同じ名称を、質問に答えた{曽侶は列挙した。

e、キュンポ寺の雪像

キュンポ寺は同仁県の東|こ位置する農村、群吾村にあるボン教寺院で、正式名称はキュンカ ル・リクジン・ミンドルリン(Khyungdkarrig,dzinsmingro1gling)である。本堂のみの小さ

3Z

(14)

な寺院であるが、内部はよく整備され、荘厳された美しい寺院である。今回の調査で訪れたボ ン教寺院が、いずれも文化大革命終結後、近年になって復興された寺院であるため、古い図像 作品が乏しい中で、この寺院の壁画は文革期も破壊をまぬかれ、それ以前の作品がよく保存さ れている点で注目される。ポンギャ寺の比較例として、この寺院の内部の尊像について、以下

に簡単に報告しよう。

キュンポ寺の本堂も南に面して入□を持ち、本尊をまつった正面が北となる。この面に5体 の尊像がガラスの扉の中に安置されている。中央はナンパル・ゲルワ、その左右がニャムメと チャムパである。これらはいずれもポンギャ寺の本堂にも置かれていた。さらにその両|則には 急怒形の塑像が置かれている.向かって左の尊は尊名は不明であるが、有翼で明妃を伴ってい る。身色は白で1面2蕾をそなえる。向かって右端の尊はウェルセーである。ポンギャ寺では

タンカで描かれていた雪が、ここでは塑像で表現されている。

キュンポ寺の本堂は四方の面からそれぞれ内側に向かってバルコニーが張り出し、回廊のよ

うな形になっている。このバルコニーの上の部分、すなわち2階の高さの壁に大きなタンカが

各方角にS幅ずつ固定されている(図らの1~g)。ただし入□のある南面にはない。

このうち正面の中央にはニャムメの集会樹がある。ポンギャ寺の本堂の集会樹とほぼ同じ形 式をとる。その左右にはトンパ・シェンラプの生涯を描いたタンカが、対になって置かれてい る。ギメ博物館や先述の14幅の作品などとの比較が可能である。これらのa点はオリジナル

のまま残されており、保存状態も良好である。

西面のS幅は、北からラマ・ツェワン・リクジン、ゲルワ・ギャンツォ、ウェルセーをそれ

ぞれ中心としたタンカである。いずれもポンギャ寺の本堂に、同じ内容のタンカが見られたが、

周囲を構成する人物群に相違がある。なお4とeの2点はおそらく近年の作品である。Sのゲ

ルワ・ギャンツォは一部に剥落や槌色が見られるが、オリジナルの形がほぼ保たれた優品であ

る。

西面は了がクンサン・ゲルワ・ドゥーパで、これもオリジナルのままであると考えられる。

剥落などもわずかで、貴重である。Sとgの2点については尊名は明らかではない。Sは明妃 を伴い、展右で立つ白色の尊、eは結跡I跣坐で坐り、やはり明妃を伴った菩薩形の尊を中心と する。このうち、gはおそらくオリジナルのままであるが、Sは擢色がはげしく、中尊は後世

の描き直しである。

キュンポ寺の本堂内は、側壁ばかりではなく、天井にも装飾がほどこされている。ほぼ正方 形の天井を、はじめに大きく9つのグリッドに梁で|土切り、さらにそれぞれの内部を4×4の 16の区画に分割する(図e)。こうしてできた144の碁盤目のうち、四隅の44区画と中II1jlの

4区画を除いた96区画に尊格や人物像を描いている。

人物を描かない区画のうち、中央の4区画にはそれぞれ異なるマンダラが描かれている。銘

文などが付されていないため、具体的な名称は不明である。また四隅の11ずつの区画には蓮

華を表すモチーフがそれぞれひとつずつ描かれている。

残りの96区画のうち中心のマンダラに接するらつの区画(a~e)には、仏形あるいは菩

薩形の尊格が置かれている。それぞれの名称は銘文で示され、図eのようになっている。

残りの91区画にはすべて成就者が-人ずつ描かれている。それぞれの|象の下には各成就者

33

(15)

の名称と、1~91までの通し番号が付されている。このうち図eには通し番号のみを示した。

これを見ると91の成就者は規則的な配列をとっていることがわかる。中llljlから右回りにらせ んを描くように進み、’1頁次広がりながら天井全体を埋めてゆく。このらせんの先端はaからe のS尊の尊格から続き、さらにその中1Mこは4つのマンダラがある。天井全体がシンメトリカ ルにとらえられ、その構造を生かしながら人物群が巧みに配されているのである。

銘文に示される91の成就者の名称を以下に列挙しよう。これらの成就者の大半については、

dPaltshul(1988:292-314)の第15章に簡単な紹介が見られる。ただし、両者を比較すると-

部の人名は一致しない。リストの石のコラムにはこの異同も示した。

dPaItshul 成扁)[

gSangbaUuspa slaglhame,bar rMalod印abcompa mabonyongssudagpa rGyalgshenmilusbsamlegs mugrubyeshessnymgpo

123456789m、、囮叫喧妬Ⅳ岨四別Ⅲn羽別西茄刀泌

sNangbamdogcan Mukhriblsangpo Haracipar SIEgzaliwer Anu,phragUlag Sadnega,u ZingpamthuChen Shadburagug sPebonthogrtse sPebonlhOg,phrul Thisdmarspungspa Sumpadbudkar G1angchenmuthur Srodrgyudlnthuchen Sharidbuchen

-n、etshamkharbu

GyimtshaImachung

dMutsalrahe

Khrithogb21rtsha?

Ghuhulusparya mabdagsngagsgrol Legstingnnangpo

証agwerliwer

Shadpuragugs

lhisChenhringnimuting Sumpa,irig,dzinsbukha

KhrithOgsparrtsa Hulisparya

34

(16)

沙扣Ⅱ犯羽別茄茄刀犯羽判虹岨旧叫噛妬幻蛆岨卯皿兄兄別茄冗卯兇刃印Ⅲ団田“砧閃

gSertoglce,byams Tもomigyerchen

Marme,dzon

NamrartsedgU sPungrgyudmthuchen Panchenlishustagring

Khe++++

Phuriyador

SInggzigzanngme,bar meronyamphel

rMl1,byorbmshalhagsasdbangpo Rig,dzinnlolegIagspa

GmbchenNyima,odgsal Lobonmuphu

Gyimbulantsha Sumpacho,barba?

Khubonmthonggrags ZhangZhungmutshe,barba Bagordoddergyalba ,Jangtsha,phansnang rMabonthugsdkar sNangbzher,odpo Lizastagring Yagonyeshesrgyalba Bheshodm8mndkar Dolagmaspa,ign1'dzinma dMustamgg'yu'dzin KhrizangsIgyalmo Doddergyallcam rNal,byorgardpon dBamos印ongsas

gTもanggshensnyanngagpa Yargshenldembu

TYIanggshenchabdkar Khyungyedkarpo

Madhabhisha

,Dulbyedsnyingpo ,JarbonyeInkhyen

rKonbumarme Namrartsesku

LibonspungIgyud

TEziglopanZarangme,bar

Brushagnambon Tholergyanggrags

Ijbonmuphya Cobongyimbu SUmpamuphyargya

Zhangzhmgmuphyogarag Bagordodde

Jomibonlno?

,BiShomgrindkar Phuligm,dzin rMutangg,yurdzin

Doddergyalcam Khymgzagardpon dBa,mos印ongsal glmnggshensnyanngag

nanggshenphyagdkar Khyungyerdkarpa

Ma,。a,,bisha

lJangbonyelnkhyen 35

(17)
(18)
(19)
(20)
(21)
(22)
(23)
(24)
(25)
(26)
(27)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :

Scan and read on 1LIB APP